HOME技術情報 > 光機能事業

レンズ製造で培った真空蒸着技術によって、くらしに役立つ多彩な光学薄膜を開発

メガネレンズ一筋で歩んできたTOKAI が、新規事業として平成13年に立ち上げたのが光機能事業部。メガネレンズの表面処理(コーティング)加工において用いられる「真空蒸着」技術を応用し、わたしたちの生活に身近なあらゆる製品の薄膜を開発・製造しています。

事業部内には世界トップレベルの技術を持つ開発者、技術者がそろっており、経験や勘で行われることの多い真空蒸着を理論的にデータ解析し、ナノメートル単位の薄膜を均一の厚みで、かつ安定した品質で製造できるのが大きな強みです。

その強みを活かしてこれまでに、デジタルカメラなどの映像機器や光学機器、光通信部品などに使われる反射防止膜、紫外線・赤外線カットフィルター、レーザーミラーなどを商品化に結びつけました。また、誘電体薄膜技術によって特定の色の光を反射させるフィルターの開発にも取り組んでおり、最近では従来暗黒色であった家電製品の赤外線リモコンや携帯電話などの赤外線通信窓をカラー化することに成功。このようなカラーフィルター技術は電気機器に限らず、幅広い商品に活かされています。今後も薄膜の可能性を広げ、人々の生活に役立つ製品の開発に取り組んでいきます。

光機能事業の詳しい情報は「光機能技術情報」をご覧下さい。

光機能事業部 真福寺事業所

光学・電気機器に限らず、幅広い商品で活用


75th Special Contents
東海光学 75年の歴史
3分でわかる!東海光学
海外展開
経営者メッセージ
企業情報
会社案内
 └ ビジョンハーモニー
事業所・関連会社
会社沿革
海外販売実績
東海光学のこだわり
お客様への姿勢
独自技術と特徴
採用情報
お問い合わせ
 ├ メガネレンズに関するお問い合わせ
 ├ 薄膜に関するお問い合わせ
 └ その他のお問い合わせ
CSR・環境・社会貢献
環境への取り組み
環境社会貢献
技術情報
東海光学のモノづくり
研究開発
生産技術
品質管理
光機能事業
お客様のご要望を形に
眼鏡事業
光機能事業
遮光眼鏡
採用情報