HOME技術情報 > 品質管理

生産・検査体制の充実と組織的な活動により、TOKAIの品質を守り抜く

「顧客第一主義」を掲げる企業としてTOKAI は、お客様に喜んでいただくレンズの提供を目指して品質保証体制を整備してきました。1996年には、品質保証の国際規格ISO9002を業界に先駆けて取得し、2000年には設計・開発段階の品質管理も対象にしたISO9001を取得しています。

信頼の品質を守り抜くために、生産工程では切削・研磨、染色、ハードコート、マルチコートそれぞれの工程で光学精度や形状、外観などをチェック。最新検査機器と経験を積んだ技術者の目によって、キズやほこり、コーティングのはがれ、色ムラなどがないか1枚1枚チェックされ、最終検査でTOKAI 基準をクリアした製品のみがお客様のもとへ出荷されています。

また現在当社は品質保証体制のさらなる強化を目指し、生産や検査体制の充実を図るだけではなく、定期的な商品の評価や規格の見直し、業務活動に対する監査等の活動を組織的に行い、全社を挙げてお客様により満足を頂ける商品の提供に努めています。

それぞれの生産工程で光学精度や形状などを検査

耐擦傷性試験


75th Special Contents
東海光学 75年の歴史
3分でわかる!東海光学
海外展開
経営者メッセージ
企業情報
会社案内
 └ ビジョンハーモニー
事業所・関連会社
会社沿革
海外販売実績
東海光学のこだわり
お客様への姿勢
独自技術と特徴
採用情報
お問い合わせ
 ├ メガネレンズに関するお問い合わせ
 ├ 薄膜に関するお問い合わせ
 └ その他のお問い合わせ
CSR・環境・社会貢献
環境への取り組み
環境社会貢献
技術情報
東海光学のモノづくり
研究開発
生産技術
品質管理
光機能事業
お客様のご要望を形に
眼鏡事業
光機能事業
遮光眼鏡
採用情報