HOME技術情報 > 生産技術

標準化と自働化を推進し、迅速かつ確実な生産体制を目指します

TOKAI は、1枚1枚仕様の異なる特注レンズであっても、ご注文から発送までを早いものでは「中1日」でこなしてお客様にお届けしています。そうした迅速かつ確実な生産体制は、生産技術部門のたゆまぬ技術革新と改善努力なくしては実現できません。

研究開発部門で生み出された新商品を工場でスムーズに量産化するため、また、現状の生産ラインをより効率よく稼働させてロスなく商品を製造するために、工場では「標準化」と「自働化」を推し進めています。道具や機械の置く位置はもちろん、ラインに立つ各工程のスタッフたちの手の動かし方までを徹底して標準化。機械に不具合があった場合は、機械自身が異常を感知して停止できる仕組みを整えています。

TOKAI とお客様の信頼関係を根っこから支えるため、技術者全員が「最高品質のレンズをお客様にお届けしたい」、「1枚でもロスを出したくない」という思いを持って生産ラインの設計・改善に汗を流し、高品質・スピード・コスト削減を実現していきます。

特注レンズも迅速かつ確実に生産

「標準化」と「自働化」を推進


75th Special Contents
東海光学 75年の歴史
3分でわかる!東海光学
海外展開
経営者メッセージ
企業情報
会社案内
 └ ビジョンハーモニー
事業所・関連会社
会社沿革
海外販売実績
東海光学のこだわり
お客様への姿勢
独自技術と特徴
採用情報
お問い合わせ
 ├ メガネレンズに関するお問い合わせ
 ├ 薄膜に関するお問い合わせ
 └ その他のお問い合わせ
CSR・環境・社会貢献
環境への取り組み
環境社会貢献
技術情報
東海光学のモノづくり
研究開発
生産技術
品質管理
光機能事業
お客様のご要望を形に
眼鏡事業
光機能事業
遮光眼鏡
採用情報