1939年「古澤レンズ工場」創業

1939年3月

古澤 静(故 名誉会長)名古屋市中区向田町にて古澤レンズ工場創業

1947年

古澤正男レンズ工場創業

1957年11月

古澤 静、法人組織として光陽光学株式会社を設立

1957年12月

古澤正男、法人組織として松竹光学株式会社を設立

1958年

AJOC(ALL JAPAN OPTICAL CHAIN)指定工場に。
ルミーレンズ(コレクタールレンズ)発売

1964年3月

光陽光学、松竹光学共同で東京出張所を開設

1965年11月

光陽光学、松竹光学共同で九州出張所を開設

1966年4月

光陽光学株式会社、松竹光学株式会社は合併し、名称を東海光学株式会社に変更

1966年11月

名古屋営業所開設[ラボ第1号]

1967年8月

日本で初めての本格的なコーディングマシン(イタリアの真空蒸着装置)を導入

1967年11月

GLARコート発売

1968年1月

福岡営業所を開設

1969年3月

4台のGLAR真空蒸着装置を導入

1969年12月

フランスのベノア・ベルチオ社「ZOOM」レンズ販売スタート

1972年12月

鴨田工場にプラスチック専用ラボを開設

1972年12月

東海光学最初のプラスチックレンズ商品 メジャー、スーパーメジャー(コスモ、ニューローゼ)の発売

1973年

「ZOOM HIFI」(プラスチック累進レンズ)の販売スタート

1973年4月

東京金町ラボ開設

1974年7月

マルチ用の真空蒸着装置を2台導入

1976年5月

高屈折ガラスレンズ1.7「ハイライト」発売 (当時、最も屈折率の高い「1.7」の高級ガラスレンズ)

1976年8月

ファクシミリによる受注システム導入

1977年4月

社内報「かけ橋」創刊

1977年8月

コンピュータ導入

1977年9月

年中無休、24時間サービス体制「1DAYサービス」のスタート

1977年11月

合理化優良企業として愛知県知事賞を受賞

1979年12月

古澤静会長、古澤正男社長に就任

1980年8月

ZOOM販売中止

1980年10月

1DAYサービスシステム確立

1981年6月

PL重合設備導入し研究に着手

1981年9月

プラスチック分野強化の為、(株)サンルックスに資本参加

1982年6月

プラスチック専門工場を岡崎市日名中町に新設

1982年12月

プラスチックレンズのハードマルチを開発・発売

1982年12月

2台目のバッチ式真空蒸着装置導入

1983年3月

中小企業庁長官賞を受賞

1983年10月

「TOSS(TOKAI ORDER SERVICE SYSTEM)サービス」のスタート

1983年12月

古澤静名誉会長、古澤正男会長、古澤武雄社長にそれぞれ就任

1984年1月

「CES1号機」を日名工場に導入

1986年7月

受発注オンラインシステム「メガネット」スタート

1987年3月

オリジナルブランド「ベルーナ」誕生

1987年6月

新工場プロジェクト構想始動

1988年4月

第1次中期計画書「HOT34」発表(~平成2年9月)

1988年5月

第1回「国際眼鏡店IOFT展'88」に出展

1988年5月

東海光学オリジナルブランドフレーム「シャロル・レゾン」が発売

1989年3月

創業50周年を迎える、記念誌「光芒の譜」発刊

1989年7月

新工場の地鎮祭が行われる

1990年5月

岡崎花園工業団地に新工場完成

1990年5月

新コーポレートシンボルマーク設定

1990年6月

スポーツ用ブランド「アイコット」発売

1990年10月

長期ビジョン「i21」策定。具体策として第2次中期経営計画「MAP125」(~平成7年9月)スタート

1990年10月

経営理念三項目「利潤の適正配分」から「自己実現の追及」へ変更

1991年7月

東海光学オリジナル 高屈折プラスチックレンズ第1号「SP(スーパー)1・6」発売

1991年10月

「アイコットスイミングゴーグル」が平成3年度通産省認定グッドデザイン賞を受賞

1991年

目に疾患を持つ人のための医療用メガネレンズ「クリアカットシリーズ」を眼科医を通じて販売開始

1992年4月

東海光学初 スーパー1・6非球面レンズ(ベルーナHI-AS MC〈マルチ〉99)発売

1994年4月

国際眼鏡展オプティカ(独)初出展

1994年10月

国際眼鏡展シルモ(仏)初出展

1994年10月

第3次中期計画書「チャレンジへの挑戦」スタート(~平成9年9月)

1995年4月

国際眼鏡展ミド(伊)初出展

1995年4月

東海光学初のオリジナル累進レンズ「近用WV(ワイドビジョン)コスモライフ」発売

1995年9月

海外販売強化の為、TOKAI OPTECS n.v.に資本参加

1996年1月

第29回(社)中小企業研究センター賞(現「グッドカンパニー大賞」)・地区表彰を受賞

1996年3月

品質管理・保証に関する国際標準規格「ISO9002」の認証取得

1996年4月

東海光学自社ブランド 近用ワイドビジョン「ベルーナUNO」発売

1997年9月

本社工場増設

1997年10月

第4次中期計画書「21世紀への蝉脱」スタート(~平成12年9月)

1998年4月

薄膜事業部設立

1998年9月

遠近累進レンズ「ベルーナクレス」発売

2000年10月

第5次中期計画書「E-mage1」スタート(~平成15年9月)

2000年10月

海外事業部設立

2000年10月

品質管理・保証に関する国際標準規格「ISO9001」の認証取得

2000年10月

環境管理に関する国際標準規格「ISO14001」の認証取得

2001年2月

「アンゾフ・アウォード」優秀企業賞を受賞

2001年11月

岡崎市真福寺町(花園工業団地隣接)に薄膜事業所を新設

2003年3月

「モノづくりブランド NAGOYA」本賞を受賞

2003年10月

第6次中期計画「進化への挑戦50」スタート(~平成18年9月)

2004年3月

「愛知ブランド企業」に認定

2005年3月

愛・地球博「モノづくりランド シンフォニア」に制作参加

2005年10月

"完全ゼロエミッション工場"を全3工場で達成

2006年10月

第7次中期計画「成長への進路70」スタート(~平成21年9月)

2007年10月

経営理念三項目「自己実現の追及」から「独自性の発揮」へ変更

2008年7月

仙台営業所(仙台市青葉区)開設

2008年10月

業界初レンズ設計に脳科学を取り入れた遠近両用レンズ「ベルーナ レゾナス」発売

2009年3月

創業70周年を迎える。記念誌「その挑戦、夢にあり」発刊

2009年6月

古澤武雄会長、古澤宏和社長にそれぞれ就任

2010年10月

第8次中期計画「CAP 8」スタート(~平成25年9月)

2010年10月

都愷光学貿易(上海)有限公司を中国上海に設立

2013年10月

第9次中期計画「Callenge 9」スタート(~平成28年9月)

TOKAI Special Contents
東海光学 75年の歴史
3分でわかる!東海光学
海外展開
経営者メッセージ
企業情報
会社案内
 └ ビジョンハーモニー
事業所・関連会社
会社沿革
海外販売実績
各種認証資格
東海光学のこだわり
お客様への姿勢
独自技術と特徴
採用情報
お問い合わせ
 ├ メガネレンズに関するお問い合わせ
 ├ 薄膜に関するお問い合わせ
 └ その他のお問い合わせ
CSR・環境・社会貢献
環境への取り組み
環境社会貢献
技術情報
東海光学のモノづくり
研究開発
生産技術
品質管理
光機能事業
お客様のご要望を形に
眼鏡事業
光機能事業
遮光眼鏡
採用情報