START5つのキーワードで、TOKAIの「今」にフォーカス!

国内眼鏡レンズ専門メーカーNo.1のTOKAIは、『見る』というメガネレンズの基本性能の向上はもちろん、周囲から美しく『見られる』ことを意識したファッション性、誰もがどんな時も『より良く見える』ための多彩な機能を次々に開発。
そんな独自のモノづくりを続けるTOKAIの成長のヒミツを5つのキーワードでご紹介します。


  • 脳が喜ぶメガネレンズ誕生!
  • 千人千色の、色の魔術師たち
  • Made in Okazakiは年中無休!
  • 世界50ヵ国の実績
  • そして、光のマエストロへ

独自の高機能メガネレンズで、
未来は視界良好!!

人口減少下にある国内においても、加齢による視力低下に悩む人の数は増え続けています。 TOKAIでは、そんな中高年の視生活を支えるシニア向けメガネレンズを中心に、他にない機能、高品質を追求。遠近両用メガネレンズの開発では、「見え心地」や「掛け心地」に対する脳の反応を計測し、レンズ設計に反映する新しいアプローチで、ストレスを感じさせない装用感を実現した世界初の脳科学メガネレンズの開発に成功しました。


脳波の計測
脳の反応の計測データをもとに、もっとも心地いいレンズ形状を探る!

研究開発体制
他にないもの、TOKAIにしかできない独自の製品づくり、機能開発を推進!

人とテクノロジーの協働が、
高品質なカラーレンズのヒミツ!!

世界のユーザーからTOKAIにオーダーされるレンズのカラーは2000色以上。さらに、ファッション性の高いグラデーションなど、染め方も多様化しています。実は、この色の染め付けや仕上がりの判断をしているのは経験豊富な専門技能者たち。TOKAIでは、最先端の加工・検査機器を導入する一方、人の目と手による染め付け工程を維持し、人と機械、人とコンピュータとの協働により最適なカラーリングを実現。何段階にもおよぶ検査工程でも、目視による検査を加えることで、お客様のご要望に細やかな対応をしています。


染色工程
一つひとつ、人の手で染め上げ、お客様が望む理想のカラーリングに!

検査工程
各工程の検査でも一枚一枚、人の目でチェック!

お客様をお待たせしない、
TOKAI独自の生産体制とは…。

TOKAIの工場がある愛知県岡崎市は、日本の中央に位置し、グローバルなモノづくり産業が集積する三河地方にあります。ここには、全国からのご注文、ご要望、ご質問をお受けする「顧客センター」をはじめ、開発から設計、加工、検査、発送にいたる全ての機能を集約。この生販一体の一貫生産のメリットを活かした情報の共有化と、業界に先駆けて導入した「1年365日24時間稼働」により、お客様のご要望に対するスピーディかつきめ細やかな対応を可能にしています。


本社工場内の顧客センター
365日、年末年始も専門スタッフがあらゆるご要望に対応!

お客様情報の共有
営業と生産、開発との連携が、スピーディかつきめ細やかな対応を可能に!

日本でのモノづくりにこだわり、
価値ある製品を世界へ!

TOKAIのメガネレンズは日本のみならず、北米、欧州、アジアを中心に世界50カ国に販売実績をもち、日本の高品質レンズとして高い評価を受けています。とはいえ、これまで私たちは、高い品質や独自のサービス体制を維持するため、製造拠点の安易な海外移転を行なわず、まずは高品質レンズの価値、日本のモノづくりの価値を世界のユーザーにご理解いただく活動からスタート。1990年代より、日本と同様にメガネレンズの機能や品質に対して厳しい目をもつ欧州を皮切りに、世界進出を図ってきました。高齢化・長寿化が世界的な潮流となるなかで、今後は世界を見据えたグローバルな展開を加速していきます。


世界販売実積
日本の高品質レンズとして、
世界から高い評価を受ける。

TOKAI OPTECS(ベルギー)
品質に対する意識の高い欧州をターゲットに海外生産に着手。

光を自由に操る技術を有する
TOKAIならでは新製品を続々と…。

TOKAIでは、メガネレンズの開発製造で培ったテクノロジーを応用、発展させたさまざまな光学薄膜製品を開発し、販売しています。とくに、メガネレンズの表面処理(コーティング)加工において、ナノメートルレベルで薄膜を生成する真空蒸着技術をコア・コンピタンスとして、紫外線カットや反射防止など多彩な機能をもつ薄膜製品を開発。すでに光学製品、光通信機器を中心に、暮らしや産業を支えるさまざまな製品に利用され、新しい機能や品質、装飾技術の向上に貢献しています。 そしてこれからもTOKAIは、光に精通し、総合的にコントロールする技術開発型企業として、ますます活動の領域を広げていきます。


薄膜製品
ナノメートル単位の薄膜を均一かつ安定的に製造できる強みを活かし、映像機器や光学機器、光通信部品などに使われる反射防止膜、紫外線・赤外線カットフィルター等を開発。

赤外線透過カラーフィルター
特定の色の光を反射させるフィルターの開発と赤外透過材料との合成により、これまで黒色であった赤外線通信窓のカラー化に成功。

  • ディスプレイ
  • レーザー
  • 医療機器
  • 分析機器
  • 光通信
TOKAI Special Contents
東海光学 75年の歴史
3分でわかる!東海光学
海外展開
経営者メッセージ
企業情報
会社案内
 └ ビジョンハーモニー
事業所・関連会社
会社沿革
海外販売実績
各種認証資格
東海光学のこだわり
お客様への姿勢
独自技術と特徴
採用情報
お問い合わせ
 ├ メガネレンズに関するお問い合わせ
 ├ 薄膜に関するお問い合わせ
 └ その他のお問い合わせ
CSR・環境・社会貢献
環境への取り組み
環境社会貢献
技術情報
東海光学のモノづくり
研究開発
生産技術
品質管理
光機能事業
お客様のご要望を形に
眼鏡事業
光機能事業
遮光眼鏡
採用情報