HOMECSR・環境・社会貢献 > 社会貢献

東海光学は環境社会貢献活動を通して社会に貢献していきます。

岡崎市環境学習支援団体に登録

当社は岡崎市役所 環境部が推進する『環境学習支援団体』として登録し、環境施設見学を通してより質の高い環境教育及び環境学習の機会を市民に提供しています。(平成27年8月登録)

岡崎市 環境部環境総務課 (外部リンク)

第1弾として、平成27年9月15日に恵田小学校 3年生12名が本社工場の環境施設見学を実施しました。

•『TOKAI エコキャップ回収大作戦』として、ペットボトルのふたを集め、ワクチン購入資金を寄付する活動を2009年11月より全社で展開しています。社員及び地域の方たちのご協力もいただき、累計53万個を達成。(2017年3月31日現在 538,073個を回収)
ポリオ(小児マヒ)ワクチンで650人分相当の寄付をしたことになります。
•食堂や家庭から可燃ごみとして廃棄していた使用済み食用油を回収してバイオディーゼル燃料(BDF)化する活動に2010年4月より取り組んでいます。
•毎月、社員による地域清掃活動を実施、また新入社員研修でも工場周辺の清掃を行っています。
•工業団地内企業と合同で地元3町の代表者を招き、環境への取り組みも含めた工場見学・説明会の実施や「夏休み親子工場見学会」を開催しています。

  

•眼鏡店様に対して環境関連法規制の勉強会やセミナーを開催しています。

•「矢作川をきれいにする会」様の排出企業定期パトロールにおいて、当社の排水処理及び浄化水施設による水の循環を見学してもらい、安心していただきました。(2015年11月9日)

環境省主催「連携の先にあるものは?排出事業者と優良産廃処理業者のための共創フォーラム」にて優良事例発表をしました。 (2016年1月26日)

環境配慮商品・技術の提案

当社は“お客様満足・信頼性向上”と“地球環境との共生・調和”を目指しお客様に対して、環境配慮商品・技術の提案を行っております。


マックスシールドコート

TOKAI独自の最先端新技術により、「キズに強く」「汚れに強く」「ホコリがつきにくい」新コーティング。従来のキズに強い「スーパーパワーシールドコート(SPS)」の2倍以上という、驚異のキズのつきにくさ。その上、汚れにも強く、静電気防止機能によりホコリにも強く、耐久性もあり丈夫。全てにおいてハイパフォーマンスを実現した、使いやすく快適な新時代のレンズコーティングです。


オーガニックシールドコート

最新技術でクラックの発生を抑える新構造を採用。プラスチックレンズの中で耐熱性No.1を実現。


プロガードコート

皮脂や汚れが付きにくく、付いても拭けばサッと取れる新開発防汚コーティング。お手入れも簡単で、レンズをいつもクリーンに保てます。


SAPOT(サポート)システム

SAPOTシステムとは従来、メガネ店でレンズをフレーム形状(玉型)に加工していたものを、当社で玉型に加工してから納品するシステムです。これによりメガネ店ではレンズ加工時に発生する切削カスや排水、臭気が発生しないため、メガネ店での環境負荷低減に貢献しています。

CSR・環境・社会貢献

TOKAI Special Contents

  • 東海光学 75年の歴史
  • 3分でわかる!東海光学
  • 海外展開
  • 経営者メッセージ
TOKAI Special Contents
東海光学 75年の歴史
3分でわかる!東海光学
海外展開
経営者メッセージ
企業情報
会社案内
 └ ビジョンハーモニー
事業所・関連会社
会社沿革
海外販売実績
各種認証資格
東海光学のこだわり
お客様への姿勢
独自技術と特徴
採用情報
お問い合わせ
 ├ メガネレンズに関するお問い合わせ
 ├ 薄膜に関するお問い合わせ
 └ その他のお問い合わせ
CSR・環境・社会貢献
環境への取り組み
環境社会貢献
技術情報
東海光学のモノづくり
研究開発
生産技術
品質管理
光機能事業
お客様のご要望を形に
眼鏡事業
光機能事業
遮光眼鏡
採用情報